Read Article

ヒスタミン食中毒の原因は?予防の方法を解説!

ヒスタミン食中毒の原因は?予防の方法を解説!

ヒスタミン中毒。

他の食中毒と比べてあまり聞かないですが、今回は、予防と原因、またヒスタミン食中毒を取り上げられたニュースを掲載しながら、紹介します。

少しでも知識の片隅に置いておくだけでも違うでしょう。

スポンサードリンク

 

ヒスタミン食中毒とは?

 

ヒスタミン食中毒とは何かご存知ですか?

ヒスタミン食中毒とは、赤魚に含まれるヒスタミンによって起こる食中毒のことです。

症状は舌がぴりぴりしたり、発疹がでたりするというのが特徴です。

詳しく知りたい方は別の記事で書いているので、そちらをご覧ください。

⇒ヒスタミン食中毒の症状と治療法・対処法は?潜伏期間などについても解説!

 

ヒスタミン食中毒の原因について

 

では、次はヒスタミン食中毒の原因について詳しく見ていきましょう。

まず対象となるのは赤身の魚です。

マグロ、イワシ、アジなど私たち日本人が好む魚のヒスタミンにより、食中毒が起きます。

根本的な原因は、上記のような魚の中に潜んでいるヒスタミンの性質が変化し、毒性を帯びることにあります。

 

元々、ヒスタミン自体には毒性はありません。

ですが、購入後しばらく常温に放置しておくことで、ヒスチジンがヒスタミンと言う酵素を伴い毒性に性質が変化します。

しばらくと言うのは、具体的に何分以上などといった明確な答えは残念ながら定かではありません。

ですが、放置しておくことにより、人に害のある毒性を伴ってしまうのです。

そして、これを接種することで食中毒になってしまいます。

 

また、魚が毒性を持っているからといって、特に色の変化や、臭いは発生せず、見た目では分からないのです。

それもまたヒスタミン食中毒にかかりやすい原因の一つと言っても良いでしょう。

 

予防方法は?

 

ヒスタミン食中毒の予防法としてまず重要なのが、保存する時の適温度です。

およそ、10℃以下が適温だと言われています。

もちろん購入されてからすぐに冷蔵庫に入れるのがベストですが、観光地など遠方で購入された際には、保冷剤を使うか、クール宅急便などを利用されることをお勧めします。

このような対策を行うことで、ヒスタミンの増殖を抑えることができます。

 

また、新鮮な魚を購入するのも必須条件です。

日頃売られている魚は新鮮どうか見極めるには、例えば、魚を買う所は一か所の場所でしか買わないなどしておくと確実かもしれません。

 

そして、これは、他の食品にも言えることですが、古くなったら食べないようにすることです。

ヒスタミンは、熱に強い性質があります

このことから、例えば、煮たり焼いたりするなどの熱を使用した調理の後でも発症例も報告されています。

ですので、食べるのを忘れていたちょっと古くなった魚などは、食べるのを止めておいたほうが無難です。

もったいないとは思いますが、あとでひどいなることになるよりは賢い選択かと思います。

 

スポンサードリンク

 

実際のニュースから

 

さて、ここまで原因と予防について触れてきましたが、実際に国内、海外で大々的にヒスタミン中毒がとりだたされた例をいくつか紹介しましょう。

 

国内の例

 

2015年1月、青森県八戸の生鮮食品加工商品から、ヒスタミンが検出されたと言うニュース。

これは、その工場の加工物であるブリの加工品から検出されました。

実際に発症患者が明らかになったのは、東京の飲食店でした。この加工品を使用した料理を食べたお客さんから発症。

この時食べた「ブリの煮付け」「ブリの塩焼」から発症しました。

実際に保健所などの立ち入り調査によると、100グラムあたり、280から418グラムと言う高い基準値のヒスタミンが検出されました。

原因としては、お店での調理方法ではなく、工場での加工段階における過程で問題がありました

幸いにも、重症患者はいなく、生産ラインを見直すことで、解決となりました。

 

海外の例

 

2013年、インドネシアでの出来事です。

実際に日本のテレビ番組でも紹介された例ですので、もしかしかたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

当時、オーストラリア人の中年夫婦がインドネシアに旅行をした際に、レストランでの夕食ご急に容態が悪化し、女性の方が亡くなられました。

もともと、ご本人は、持病が多く、日頃から薬を多用していました。

実際に亡くなった当時も男性の宿泊の部屋から、数種類の薬が発見されました。

発見された当時、この女性の方は体に発疹がある状態で発見されました。

また、無くなる前夜、マヒマヒといわれる魚のグリルを食べています。

このことから、ヒスタミンによる食中毒だと断定されました。

 

国内では、実際に亡くなられた例はありません。

ですが、実際にたどっていくと大手メーカーの有名加工品でも発症例が報告されているぐらい、意外と身近なところで発見されています。

ですので、今回ご紹介させていただいた内容を元に、対策、予防を確実に行い、ヒスタミン食中毒にはかからないようにしましょう!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top