Read Article

耳垢栓塞の症状は?治療方法や原因についても!

耳垢栓塞の症状は?治療方法や原因についても!

聞こえづらい、耳がゴロゴロするなどといった違和感で耳鼻科を受診し、「耳垢栓塞」と診断されるとなにか難しい病気になってしまったのではと不安になるかもしれません。

しかしこの耳垢栓塞、要は耳垢がたまりすぎてしまった状態でそれほど深刻になる必要はありません。

では耳垢がたまりすぎる、つまり耳垢栓塞になると問題はあるのでしょうか。またどのように予防すればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

耳垢栓塞ってどんな症状?痛みはあるの?

 

初期の段階では違和感を訴えることもあるようですが多くは無自覚です。

ただ耳垢が完全に詰まってしまいますと軽度から中程度の難聴が起こります。

この状態、つまりは耳垢栓塞を放っておくと耳垢に隣接した皮膚が炎症などを起こし痛みをともなうことがあります。

耳垢栓塞の症状としては聞こえづらさの問題や軽い違和感だけなのですが、2次的な炎症などによる症状が問題となるということになりますね。

 

耳垢栓塞の治療方法は?

 

耳垢栓塞は耳垢、つまりは異物ですので取り除く以外に方法はありません。

それほど硬くない段階なら耳鼻科などでピンセットを用いて取り除いてもらうことができます。

すぐに取れないほど硬くなってしまった場合は専用の耳垢水を数日点耳して、やわらかくなってから器具で除去してもらいます。

取り除いたあとがびらんなどとなって炎症を起こしていることがありますので、抗生物質入りの軟膏などを処方して

もらい様子をみます。

 

スポンサードリンク

 

どうして耳垢栓塞になるの?予防方法は?

 

外耳道の外側の3分の1は軟骨からできていて、内側の3分の2は骨からできています。

外耳の軟骨部分をおおう皮膚には耳毛と耳垢腺(汗腺の一種)があります。

耳垢というのはもともと皮膚の一部で皮膚上皮と呼ばれています。

この皮膚上皮は内側から外側にゆっくりと移動してく性質があるのですが、この移動の段階で剥がれおちていったものが耳垢です。

そしてこの耳垢が抜け落ちた耳毛やほこりなどの異物と一緒になりかたまってしまったものが耳垢栓塞とよばれる状態です。

 

また、単に不衛生だから耳垢がたまってしまうというだけではなく体質にも大きく左右されます。

耳がカサカサ、またはベトベトなどといった表現をよく耳にするかとは思いますが、耳の中の状態には個人差があります。

もともと水気の多い、いわゆるベトベト体質の方はどうしてもほこりなどが取り込まれやすく、少し掃除しないでおいておくと大きな耳垢となってしまうこともあります。

このような個人差はあるのですが、基本は清潔に保つことが耳垢栓塞の予防となるでしょう。

ただ耳掃除をしすぎて耳の穴や鼓膜に傷をつけてしまう場合がありますのでやりすぎはよくありません。

ほどよく清潔に保つことを心がけましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top