Read Article

アドレナリンの心臓や血糖値への作用は?副作用についても徹底的に解説!

アドレナリンの心臓や血糖値への作用は?副作用についても徹底的に解説!

 

無意識に使う言葉に「アドレナリンが出たよ」なんて言います。

アドレナリンって何だろう。例えば心臓への負担は、血糖値を下げるとか、副作用は心配ないのか等々、知らない事ばかりですね。ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

 

アドレナリンの作用は?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_fightpoze-thumb-1000xauto-14458

アドレナリンは、交感神経の働きが興奮状態になった時に、血液中に放出される副賢髄質より分泌されるホルモン(神経伝達物質)です。

このホルモンには空腹を感じにくくさせる作用脂肪を溜め込む作用もあるのです。放出されたアドレナリンは興奮をもたらす心拍数や血糖値などを上昇させ、心筋収縮力を高める働き等があります。

緊張する時などにどきどきする胸の鼓動などは交感神経の働きによります。その主役であるアドレナリンは、いざというその時に備えて酸素とブドウ糖を準備し、血圧を上げ、心臓を強く早く動かして、筋肉に十分血液を送り込むのです。

ストレスホルモンともいわれる副腎髄質から出るアドレナリンはちょっと注意が必要です。これは、イライラしたり怒りっぽくなったりしますので、当然心臓にも負担が掛かり、この時心拍数や血圧、そして血糖値も上昇しています。

アドレナリンは低血糖にならなくても、ちょくちょく出てしまうものなので、気をつけるに越したことはありません。

薬剤としてのアドレナリンは、気管支喘息や薬剤の過敏によるショックの治療に処方されます。血圧を上げる薬、気管支を広げる喘息の薬として使用されますが、一時的効果は強力ですが、副作用についても注意が必要ですので過信するのは禁物です。

 

スポンサードリンク

アドレナリンに副作用ってあるの?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-OZPA87_kyuunishinzouga20130707500-thumb-1000xauto-4934

副作用として考えられるのは、血圧上昇、血糖値の上昇です。

薬剤としてのアドレナリンは、アナフィラキシー(全身にアレルギー症状がでる反応)の症状をすばやく改善させるのに効果的に使用されます。

アドレナリンの成分として有名なのが塩酸プソイドエフェドリンで強い作用を持ち、心臓病、高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害、前立腺肥大の排尿困難などの症状の診断結果を持つ方は医師に良く相談をしなければいけません。そして塩酸セレギリン(パーキンソン病治療薬)を使用する方は血圧上昇などの副作用が現れやすいとの事ですので注意が必要です。

ですが、特に問題とされるアドレナリン投与による重篤な副作用(呼吸困難や心停止などによる死亡例)などの報告例はないということです。 逆にアドレナリン投与をしなかったり、また、遅れたことが原因となった死亡報告例は多数存在しているということです。

アドレナリン作用成分は交感神経を高める成分ですので気管支が広がり咳が楽になり、血管が収縮するので鼻粘膜がすっきりして鼻づまりが治ります。目の血管も収縮して充血が無くなります。

薬剤としてのアドレナリンは医師に相談して症状に応じて、きちんと使用する必要がありますが、特に副作用など心配する事はありません。

 

ダイエットをお考えの方は、(運動などで)アドレナリンを高めてみると良いでしょうね。血糖値を上昇させることで、つまり空腹感を感じず、間食をすることを防ぎ無駄なカロリーを摂らないで済みますよ。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top