Read Article

歯、歯茎の違和感!原因はただの疲れ?血が出たり、痛みがある場合は?

歯、歯茎の違和感!原因はただの疲れ?血が出たり、痛みがある場合は?

 

歯茎になんだか違和感がある。

そんなことはありませんか?

 

なんとなく違和感があるという程度のものから、腫れてしまったり、血が出てきたり、酷い時は食べるのにも苦労したりと、生活に支障が出てしまうこともありますよね。

 

さて、この歯茎の違和感、食べられないほど腫れてしまったならともかく、違和感程度なら病院に行くべきか悩んでしまいますよね。

今回は、そんな歯茎の違和感について、考えられる代表的な病気を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

歯茎に違和感、原因は?

1f2dde0da9d6db62c0913f27f508101b_s

虫歯

 

まず、考えられるのは虫歯です。

口の中の細菌が、糖から酸を作り、その酸が歯を溶かしていく症状です。

 

冷たい物や甘い物を食べると酷く痛みますが、初期の頃は、しばらくすると治ります。

歯に何か挟まったような違和感や、なんとなく重く感じるような症状から入る事もあります。

 

酷くなると、慢性的に痛みが続いたり、腫れてしまうこともあります。

初期のころは、痛みを感じないこともありますが、その頃に発見し治療できれば良いのですが、自覚症状が無いと気付きにくいものです。

 

定期的に歯石を除去したり、検診を受ける事が、早期発見の鍵になります。

歯科治療は、痛みが強くあまり良いイメージが無い人も多いですが、最近では削らない治療を実践している歯科医院も多く、そこまで激痛が走るものでは無いようです。

 

しかし、なるべく悪化してから歯医者へ行くのは避けたいものですね。

 

歯周病

 

虫歯と並んで、歯科の二代疾患の一つに数えられます。

歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯茎の隙間から細菌が入り、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。

 

歯茎が赤く腫れ、歯磨きなど、僅かな刺激で出血するようになります。

そのうち、歯がぐらぐらと揺れ、酷くなると歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 

定期的に歯科検診をして、その時に歯石をとってもらうようにしましょう。

それだけでだいぶ予防することが可能となります。

 

また、デンタルフロスなどを使うのも良いでしょう。

正しい歯磨きは虫歯の予防にもなります。

 

実際、原因の一つに虫歯があり、虫歯を予防することも歯周病の予防に繋がります。

 

スポンサードリンク

 

咬合性外傷

 

噛み合わせが原因で起こります。

痛みに発展する前に、長期に渡り、歯の違和感があります。

 

気付いたら早めに歯科へ相談しましょう。

 

愕関節症

 

顎が開閉しにくくなったり、ぱきっと音がすることもあります。

こめかみあたりにしこりのようは腫れが起こる事もあり、歯茎に違和感を覚えることもあります。

 

口腔外科へ相談しましょう。

 

歯ぎしり

 

歯ぎしりをする癖がありますと、ずっと歯に力を入れている状況になりますので、朝起きると歯に違和感があるのです。

ストレスや疲れがたまると起こりやすいという人もいます。

 

もし、朝起きて違和感があったら歯ぎしりを疑ってみましょう。

愕関節症の原因にもなります。

 

歯科心身症

 

ストレスや疲れ、様々な原因によって、全身症状が出てきますが、その内の一つに口腔の異常が出てきます。

歯の痛みや知覚過敏、口の渇きなど、その症状はさまざまです。

 

同時に、胃腸の不良や頭痛、耳鳴り、めまい、ドライアイ、肩こりなども出てきますので、全身症状を判断できない医師ですと、診断が難しいとも言われています。

異常なし、と言われたら納得いくまで他の病院を周ってみましょう。

 

頭痛などの症状と併せて起こっている時は、内科などでその相談をして、歯の違和感もあることを伝えてみるのも良いです。

 

まずはしっかり歯磨きと月に一回程度の歯科検診

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

虫歯や歯周病は、自然治癒するものではありません。

歯は失ったら二度と生えてこないのです。

 

定期的に、歯科へ通い、定期健診や歯石の除去を行い、なるべく虫歯や歯周病を予防しましょう。

そして健康な歯で、過ごせる時間をできるだけ長くできたら良いですよね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top