Read Article

手足口病の口内炎はいつまで?期間は何日?大人の場合は?

手足口病の口内炎はいつまで?期間は何日?大人の場合は?

ビタミン不足などにより通常時でも口内炎ができることはありますが、手足口病が原因となる場合は口の中でも広範囲にわたる場合があります。

 

中には激しい痛みをともなうものもあり、食事はおろか水分を摂ることさえ困難になる場合があります。

 

では手足口病による口内炎が治まるにはどのくらいの期間が必要なのでしょう?

また子供と大人とでは内容が変わるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

手足口病による口内炎がつづく期間について

OZ85_shijiwosrudansei20140321160044500-thumb-815xauto-5404

手足口病は初期症状としてまず38℃程度の発熱がみられます。

その後各部位に発疹がみられおおむね一週間ほどで鎮静化していくとされています。

 

個人の体調や環境にもよりますので、具体的に「何日で完治します」という答えはないのですが、口内炎の症状もかゆみや熱、湿疹と同様の期間で回復していきます。

>>手足口病のかゆみはいつまで?対処法は?塗り薬は何を使えばいい?

 

この期間について大人・子供の区別はありませんが、気になって患部を触ってしまうお子さんの場合症状が落ち着くまで大人より時間がかかるかもしれません。

 

口内炎が痛くて食事がとれない場合の対処法

LIG63_sabisikubentou20130713500-thumb-815xauto-4603

手足口病による口内炎については他の症状と同じように特効薬がありません。

したがってなるべく刺激の少ない食べ物や飲み物で様子を見ることとなります。

>>手足口病時の食事は?レシピ紹介!赤ちゃん、大人の場合は?

 

塩分が強すぎず薄味のもの、水分を多く含んだもの、熱による刺激の少ないものを選び口内炎の痛みが悪化しないように注意しましょう。

 

こういった点に注意してなるべく患部を刺激しないよう注意することが回復への近道にもなるようです。

 

痛みが強すぎて水分を摂ることさえままならない場合がありますが、これが長く続きますと脱水症状を引き起こします。

この場合は必要に応じて点滴による処置を受けることとなります。

 

手足口病の口内炎に有効な市販薬やレーザー治療について

NKJ56_okusurij500-thumb-815xauto-2815

前述したように手足口病の症状にせ直接作用する特効薬はありません

しかし対処療法的に一般的なお薬を用いることもあり、口内炎の場合もこれに該当します。

 

痛みが強く数も多い場合はステロイド剤などの軟膏、またはパッチなどを使用します。

 

 

しかし口の中は水分が多くパッチを貼ってもはがれてきてしまいますし、舌にできた口内炎に軟膏を塗っても唾液で流れてしまいます。

 

したがって最終的には「治まるまで数日間がまんしましょう」というところに落ち着いてしまうようです。

通常の口内炎に対しては歯科医院で行うレーザー治療という方法もあります。

 

スポンサードリンク

 

これは「治す」のではなく「焼く」ことで痛みを麻痺させてしまうのですが、手足口病の口内炎についても同様の処置を受ける方がいます。

 

ただ通常の口内炎よりも数が多い、ウイルスが原因なので治療しても他の部位に出る可能性がある、などの理由からレーザー治療を受ける方は少数と言えます。

 

手足口病は大人に感染すると重症化する傾向にあることから、歯科医師や歯科助手に感染する可能性がある以上マナーとして受診は控えましょうという考えかたもあります。

 

口内炎に限らす手足口病の諸症状は基本的には安静にして体力の回復とともに改善するのを待ちましょう、というのが一般的なスタンスで大人の方が感染した場合も同様です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top