Read Article

手足口病時の食事は?レシピ紹介!赤ちゃん、大人の場合は?

手足口病時の食事は?レシピ紹介!赤ちゃん、大人の場合は?

手足口病による発熱はひどくならなければ38℃以上に上がることはありません。

大人の場合はこのくらいの熱ならあまりメニューを気にすることなく普通の食事がとれるでしょう。

 

しかしお子さんの場合は少しの熱でも体力を消耗しますので元気がなくなり、食も細くなります。

また口のなかに口内炎状の水泡が出ると痛みをともなうためなかなか食事がとれないようですね。

 

スポンサードリンク

 

手足口病にかかった時の食事、あまり気が進まないのですが・・

a1180_013128

ただのかぜでさえ体調が思わしくないときは食事が進まないものですね。

 

手足口病の特徴的な症状の一つに口内炎状の発疹がありますが、これは多くの場合痛みをともなうため小さなお子さんは水分をとることも嫌がります。

>>手足口病の口内炎はいつまで?期間は何日?大人の場合は?

 

しかし手足口病はお薬で治すというよりは体力の回復による自然治癒が直接的な治療法となりますので、できるかぎり食事は摂る必要があります。

 

またお子さんは体調の様子を明確に伝えることができないため、ぐったりしていると思ったらすでに脱水症状を引き起こしていたということもあります。

 

水分の補給には特に注意をはらいましょう。

 

手足口病で食が進まない。食べやすい料理や回復の手助けになる食べ方は?

a0800_000398

体力の回復をメインに考えると栄養価が高くビタミンなどの多く摂れる食事、ということを想像してしまいますね。

 

しかし手足口病そのものは数日から1週間ほどでほぼ快方にむかう病気です。

 

あまり食事の内容を重視するより食べやすいもの・水分がよくとれるもの、といった内容でメニューを考えた方がいいでしょう。

 

赤ちゃんから幼児にかけて一番心配されるのはやはり水分の不足です。

 

ゼリー・水分を多めにやわらかく仕上げたおかゆなど、あまりかまずに飲み込んでも大丈夫なものがいいでしょう。

 

ある程度の年齢のお子さんから大人については本人が食べたい・または食べやすいと思うものを選べばよいでしょう。

 

栄養素ばかりを重視して好きではないものを無理して食べるより、好きなものを食べてゆっくり休んだほうが心身の休息につながるからです。

 

スポンサードリンク

 

手足口病などに代表される、夏かぜでも食べやすいメニュー

N811_zaruudon500-thumb-815xauto-2130

では具体的にどんなメニューがあるのでしょう。

 

主食に近いものとしては、・おかゆ・雑炊・おじや・細く切ったうどん・そうめん・にゅうめん、などがやわらかくて食べやすいとされます。

 

レシピはこれらの動画を参考にしてみてください。

 

  • にら卵雑炊のレシピ

 

 

  • 味噌にゅうめんのレシピ

 

 

  • オニオンスープのレシピ

 

タンパク質がとれるものとしては、・玉子豆腐・ごま豆腐・豆乳の飲料やヨーグルトなどがあります。

 

生卵は飲み込みやすくタンパク質をストレートに取り込めますが、体調不良時に摂取したことで食中毒になったという報告もありますから注意が必要でしょう。

 

ちなみに卵に火を通さず食べるという習慣は海外ではあまり例がありません。

サルモネラ菌による感染症があることを知っているからですね。

 

さて、ここまでご紹介した食事内容は小さなお子さんから大人のかたまで共通のものとして考えることができます。

 

お子さんが口の中を痛がる場合は、食事をさらに細かくしてストローで飲み込めるようにしてあげるという方法もあります。

 

ただ赤ちゃんについては食べるというよりまず水分ですね。

 

そして水分すらまともに摂れない場合は脱水により危険な状態になる可能性がありますので、医療機関に相談しましょう。

 

必要に応じて点滴などで対処することとなります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top