Read Article

椅子や床に長時間座ると腰が痛い原因は疲労?姿勢を正しく保てば改善?

椅子や床に長時間座ると腰が痛い原因は疲労?姿勢を正しく保てば改善?

椅子にも、床にも長時間座っていなければならない時ってありますよね。

原因が解らないまま、座ると腰が痛いという方は多いと思います。腰痛のメカニズムを検証してみました。

 

スポンサードリンク

 

椅子や床に長時間座ると腰が痛くなる原因は。

 

椅子に座りっぱなしのデスクワークが中心の方や、床に座っての長時間の作業をし続け腰痛に悩む方は多いのではないでしょうか。

座ると腰が痛い原因としては、腰に無理のない姿勢を取っていれば、それほど悪い影響にならないのですが、悪い姿勢を取り続けていると腰を支える筋肉の力が弱まり、腰に負担が掛かり、状態によってはそれが原因で腰痛や関連する症状を引き起こすことになります。

とは言っても、長い時間何時までも姿勢を正しく保つことは不可能です。 同じ姿勢を長時間続けるということは、筋肉や骨格に継続的に負荷が掛かります。

いくら姿勢よく座っていても、同じ姿勢を長時間続けると言うことは、限られた筋肉や骨格に負荷が継続的にかかると言うことです。

腰に負担などを掛けないように座ることの出来るグッズなども多数販売されているようです。姿勢も大切ですが、腰痛にとってネックになるのはやはり、『長時間座っている』と言うことです。

大きな筋力は必要としないのですが、座っていても筋肉を使っています。動かない姿勢のまま継続的に筋肉を使っていると、除々に疲労が蓄積され、これが腰痛の症状として表れてくるのです。

 

関連

⇒腰痛にロキソニンは効かない?という噂の真実を徹底検証!!

 

スポンサードリンク

 

腰が痛くなったら改善する方法は。

 

女性の方に多いようですが、よく足を組んで座る方を見かけますが、それ、骨盤をどちらかに傾ける為良くないそうです。正しい座り方は、両足を揃え、両足と両坐骨にしっかりと体重を分散させます。背もたれに背中、腰を密着させます。要するに上半身を骨盤の上にしっかり乗せるというイメージをして下さい。

ともかく、座ると腰が痛いなんて腰痛の症状が出てしまった時、また腰痛を起こさない為の工夫をしましょう。

日常生活では常に背筋を伸ばし姿勢を正しく保つことで腰への負担は随分と減らすことができます。デスクワークは時々(約45分おき)立ち上がって伸びなどをして姿勢を整えましょう。

一日が終って入浴をした後のホッとした時間にストレッチ体操をするのも効果的です。腰痛で受診すると必ず薦められるのは「腰痛体操」なんです。筋力をつける事は腰への負担を軽減させ腰痛の予防にもなります。但し、すでに腰痛を起こしている方は無理な腹筋や背筋のトレーニングをするのは厳禁です。かえって容態を悪化させることになりかねませんので、腰に負担が掛からないように適度なトレーニングを心がけることが肝心です。

筋トレが苦手な方はウォーキングも効果的ですので、有効な時間内に除々に距離を増やすなどして歩き運動をしてみましょう。その時の姿勢にも気をつけることも忘れずに。

 

腰痛はやっかいです。日常生活も制限されますし体力も低下して、ますます腰を支える筋力も衰えて余計腰痛を増幅させます。腰痛を起こさないためにも、常にリラックスした気分で適度な運動や体操を継続することが予防となります。

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top