Read Article

筋肉痛で寝れない!和らげる、ほぐす3つの意外すぎる方法!

筋肉痛で寝れない!和らげる、ほぐす3つの意外すぎる方法!

 

十代の頃であれば、少し無理をして筋肉痛になってもすぐに治ってしまいます。

しかし普段あまり運動をしなくなってからの筋肉痛はなかなか治りませんね。

⇒筋肉痛が治る期間は何日くらい?長いと病気の可能性もある?

 

運動会や会社での行事などで急に運動をして、筋肉痛に悩まされる方は 多いでしょう。

眠れないほどに痛む筋肉痛、少しでも和らげる方法はあるのでしょうか。

また自分でできるほぐし方なども調べてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

眠れないほどの筋肉痛になる原因

64

学生時代に運動部を経験されている方は何度か筋肉痛を経験していることでしょう。

また顧問の先生やコーチから筋肉痛の原因などについて多少聞いたこともあると思います。

 

しかし、意外なことに筋肉痛が発生する本当の原因は未だ解明されていないのです。

いくつか仮説はあるのですが、医学的にしっかりとした根拠はありません。

 

ただ一般的におそらくそうであろう、という原因はいくつかありますので見てみましょう。

 

  • 筋肉に蓄積される疲労物質

運動を行うと乳酸などの疲労物質と呼ばれるものが溜まっていくことはわかっています。

こういった疲労物質が筋肉痛の原因とされる説です。

 

  • 筋組織の損傷

激しい運動などにより筋肉内の組織が損傷し、そこが炎症を起こすとされる説です。

 

  • 筋組織の修復に伴う炎症

細胞は損傷を受けると新しい細胞を作りだして組織を再生します。

同様に筋肉の組織も修復され再生します。

その際に炎症がおこり、痛みを感じるとする説です。

 

スポンサードリンク

 

筋肉痛を和らげる、ほぐす具体的な方法

OOK58_kokosugokuyokuderutokoro-thumb-815xauto-15517

原因がはっきりしていないとはいえ、通説では「この方法で痛みが和らいだ」というものがいくつかあります。

 

軽い運動をする

 

筋肉は使いすぎても痛みなどが出ますが、使わない時間が長すぎると硬くなると言われています。

筋肉痛で痛むからと、極端に身体を使わないと硬化してしまう。

 

硬化した身体を動かそうとするとさらに痛くなるから、多少は痛くても動きましょうという考え方です。

このことで痛みの長期化を防ぎつつ、筋肉をほぐす効果もあると考えられます。

 

ただ、あくまでも「軽い運動をする」ということは忘れないでください。

筋肉痛がひどい中さらに体を酷使しすぎると、発熱につながるケースもありますので十分に注意が必要です。

⇒筋肉痛から発熱や頭痛、だるい、悪寒につながることはある?

 

 

よく眠る

 

睡眠によって人間の身体や脳は疲労から回復します。

筋肉も同じように疲労物質がたまっているのなら、睡眠をよくとることによって回復を促そうという考えです。

 

先に乳酸について触れましたが、これには諸説あります。

筋肉痛の原因が乳酸だから睡眠により、蓄積された乳酸を減らしましょうという考え。

 

これとは逆に乳酸はそもそも疲労を回復する成分であり、睡眠中に乳酸に働いてもらおうという考え。

正反対の考えですが、いずれにしても「睡眠で筋肉痛を回復しましょう」という点では同じです。

 

冷やす、温める

 

筋肉痛には痛みのある部位を冷やしたり、温めたりすることが効果的です。

 

筋肉痛の痛みが出始めたときには、熱を伴っていることが多いので、痛みのある部位は冷やします

 

その後痛みがおさまってきた段階で、温めるようにします。

温めることは血流を良くして、治るのを促進してくれます。

 

詳しくは「筋肉痛は冷やすor温める、効果的なのはどっち?」の記事をご覧ください。

 

自然の治癒力に任せる

 

意外と有力なのがこの説です。

急いで痛みを和らげたい、もしくは自分でほぐしたいという方にとっては拍子抜けしてしまうかもしれません。

 

しかしわたし自信がスポーツをしていた時も、このようにトレーナーから指導を受けました。

少しきつめのトレーニングや筋トレで痛みが生じる。

 

その時は無理をせず1~2日休む。

痛みが回復したらまたトレーニングを再開する。

 

これ以外に方法はないし、痛いときは自分でほぐさないでくださいと指導されたものです。

他にもぬるま湯につかる、食べ物を工夫する、など独自の方法がいくつかあるようです。

 

筋肉痛の痛みの程度は結局のところ自分自身にしかわかりません。

いくつも方法を試してみて、自分にあった対処法を探していくことをおすすめします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top