Read Article

膝裏がかゆい!かゆみの原因は汗、あせも、湿疹?黒ずみはなぜできる?

膝裏がかゆい!かゆみの原因は汗、あせも、湿疹?黒ずみはなぜできる?

 

「かゆいー!!!」

膝裏の異常なかゆみに、よく見てみると真っ赤になってる…。

 

特に、夏場に多い悩みです。

膝の裏がムズムズとかゆみがあると何となく気分も沈みます。

毎日お風呂も入っているし、念入りに洗っているのになんで?と思いますよね。

 

膝裏のかゆみの原因と対処方法を一緒に考えてみましょう。

きっと、簡単に解決できるはずです!

 

スポンサードリンク

膝裏はあせも・湿疹ができやすい部位!でも、どうして!?

 a0002_008687

かゆみの原因で考えられるのは、主にあせもと湿疹

この2点についてご説明させていただきます。

 

あせも(汗疹)とは、汗が出る汗腺に汚れがつまり、赤く炎症を起こした状態を言います。

特に、夏場などの、汗をかきやすく高温多湿の季節にはかかりやすい疾患です。

 

赤ちゃんがなりやすいイメージがありますが、実は大人でもかかります。

一方、膝裏の湿疹で考えられるのが、アレルギーの一種であるアトピー性皮膚炎。

 

ハウスダストや花粉などが皮膚に不着したとき、本来、体には害がないにも関わらす、害があると判断してしまい、追い出そうと過剰に反応してしまうことをアレルギー反応と言います。

 

アレルギーにはかゆみが伴います。

他のアレルギーでも同様ですね。

 

あせもや湿疹は、皮膚の弱い所にできやすいという特徴があります。

 

膝裏など、関節がある部位は皮膚が非常に薄く、また、動作によって皮膚同士がこすれ合うことから、どうしても刺激に弱くなるのです。

 

このように、膝裏がかゆみくなる理由には、何らかの刺激による炎症のためであると考えてよさそうですね。

 

スポンサードリンク

 

膝裏が黒ずんでしまうのはなぜ?

 a0027_001852

膝裏の悩みでよく聞かれるものには、かゆみとともに、いわゆる「黒ずみ」があります。

汚れかと思って、丁寧に洗ってもなかなか落ちない…。

 

答えは、角質にあります。

皮膚には新しい皮膚に生まれ変わる、「ターンオーバー」と呼ばれる仕組みがあります。

 

 

説明にありましたように、ターンオーバーが上手くいかないと、角質がうまくはがれ落ちないで黒く溜まってしまいます。

 

これが黒ずみの原因となっているのです。

ゴシゴシと力強く洗ってしまうのは逆効果。

 

余計、肌ストレスがかかり、ますます黒ずんでしまう悪循環に陥ります。

肌サイクルをリズムよく促すためには、何より保湿のケアが大切です。

 

理想のターンオーバーを手に入れ、綺麗な膝裏を目指しましょう。

また、水に重曹を溶かし、軽くこすること、黒ずみが簡単に取れるそうです。

 

膝裏のかゆみ・黒ずみにおススメのケア方法は?

 a1400_000132

原因がわかったところで、これからはケアも頑張りたいですよね。

皮膚は乾燥に弱いものです。

 

そこで、乾燥におススメの塗り薬が、「ワセリン」。

保湿効果を目的としており、あせもや湿疹にも適しています。

 

刺激が少なく、色や香りもないので皮膚が弱い方にもぴったり!

薬局でも手軽に購入できるので、気軽に使用できるメリットがあります。

 

アトピー性皮膚炎により、湿疹がひどい場合はステロイド剤が使われます。

こちらも薬局で手に入るのですが、入っている成分が少なく、効果があまり期待できないことがあります。

 

アレルギーを専門としている皮膚科で診てもらい、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

膝裏がカサカサしていると、足を出す機会の多い夏の季節も楽しめないものです。

 

せっかく綺麗な足をしていても、膝裏がかゆかったり黒ずんでいるとがっかりですよね。

 

塗り薬だけでケアができるのでとっても簡単!

ぜひ、一度試してみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top