Read Article

水いぼのピンセットでの取り方【自宅でセルフ】

水いぼのピンセットでの取り方【自宅でセルフ】

 

お子さんの腕にプツプツプツ…。

よく見ると1㎜〜3㎜くらいのツルッとした発疹ができてる…。

 

中には白く濁った水っぽいものが溜まっているみたい…。

「これが俗に言う水いぼ!?」驚きますよね。

 

水いぼは移るっていうけれど、本当のところどうなの?治療法は?

自宅で取ることも可能?

そんな水いぼの素朴な疑問にお答えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

水いぼ…、そのままにしていても大丈夫?

NAT77_puruside-thumb-autox600-15507

夏の皮膚病として多い水いぼは、その正式名を「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と言います。

特に幼児〜小学生によく見られるウイルス性の感染症です。

 

手足口病と似たような病気ということですね。

⇒手足口病の症状は?足だけ、手だけ、口だけのときもある?

 

お友達の水いぼに触れてしまったり、プールでタオルを共有することなどで感染するようですが、感染力はそれほど強くありません。

 

また、感染して1年ほどで免疫が作られるので、その後は感染しにくくなります。

かゆみや痛みもなどの自覚症状がないので、そのままにしていても数か月で治ります。

 

ただ、気になって掻きむしると「とびひ」と言って、かゆみとともに赤い湿疹部位が広がってしまいます。

兄弟などの家族内感染も心配ですので、早めに治療してあげたほうがいいかもしれませんね。

 

自宅ケアの方法(ピンセット圧出療法)

 N934_ktebukurowosurudrm-thumb-815xauto-14589

水いぼは、湿疹の液体の中にウイルスを含んでいます。

治療法も、内服薬や塗り薬など色々あります。

 

いぼが大きくなると皮膚が破れ、ウイルスが流れ出てきやすくなるので、小さいうちに取り除くピンセット療法があります。

 

できれば皮膚科で処置してもらいことが一番良いのですが、数が多かったりすると、頻繁に通院するのも大変ですよね。

 

その点、ピンセット圧出療法は自宅でも簡単にできるようです。

 

スポンサードリンク

 

準備するもの

 

  1. 水いぼ用ピンセット(先端が丸くなっていて、いぼをつまむような形状になっています。薬局やインターネットでも簡単に入手可能です。)
  2. 感染を防ぐための手袋
  3. 消毒液
  4. 清潔なガーゼや絆創膏

 

方法

 

  1. ピンセットでいぼの個所を軽くつまみます
  2. 乳白色の丸い芯のようなものを引っ張るように引き上げます ○感染が広がる可能性があるので、いぼを潰さないように気をつけましょう。○また、痛みを伴うこともあるので、手早く行います。
  3. 出血するので、傷跡を丁寧に消毒します
  4. 清潔なガーゼ等で覆いましょう

 

 

取った後のケアの方法について

 OZ85_karutemotuisya20140321160021500-thumb-815xauto-5403

よく、ピンセットでいぼを除去すると跡が残りやすいと言います。

ただ、これには根拠がなく、すぐに綺麗に治る人もいれは、跡に残ってしまう人と様々。

体質によるものだと考えられています。

 

とは言え、いぼを取った後は傷が残りますので、まずはこまめに消毒をします。

出血が止まり、傷跡も綺麗になってきたら、ワセリンなど保湿ケアで様子をみましょう。

 

もし跡が残ってしまったら…。

成長とともに薄くなることもあるようですが、気になるようであれば、跡を取り除く処置もあるようです。

皮膚科や形成外科に相談してみましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top