Read Article

鼻血が毎日出る!頻繁な原因は?病気?塊が出た場合病院には行くべき?

鼻血が毎日出る!頻繁な原因は?病気?塊が出た場合病院には行くべき?

 

なんだか鼻に温かいものを感じて、鼻水かなと思ってティッシュでふき取ってみた。

真っ赤な血がたくさんついていた。

 

鼻血だった…。

慌てて鼻をつまみ、止血してみる。

 

確か、鼻血の応急処置は上を向いてはいけないんだっけ?

冷やした方がいいのかな?

 

あまりに続くものだから、心配になってくる。

鼻血ってどうして出るんだろう?

 

スポンサードリンク

 

毎日のように頻繁に出る鼻血…、どんな病気がある?

 OOK85_hanatumari20150314132713-thumb-815xauto-18240

鼻からの出血で、一番考えられるのは、鼻の入り口の内側にある、キーゼルバッハ部位という所が、異物の侵入などにより、傷ついてしまったことによる鼻出血です。

 

この、キーゼルバッハ部位というのは、静脈の毛細血管が集まっていて、わずかな刺激に弱く、すぐに鼻出血を起こします。

 

一度傷つくと、なかなか治りにくく、毎日出血を繰り返すことがあります。

原因として、アレルギー性鼻炎などにより、鼻を頻繁にかむ習慣から、鼻の粘膜を傷つけてしまうのです。

 

キーゼルバッハ部位による出血であるならば特に心配はいりません。

ただ、大人の鼻血には大きな病気が隠れていることがあります。

 

例えば、高血圧・糖尿病、腫瘍、蓄膿症などです。

特に怖いのが、血液のガンと呼ばれる白血病。

 

発症年齢は子どもから高齢者と幅広く、鼻出血とともに微熱を伴います。

止血しても止まりにくく、あざができやすいという特徴があります。

 

これらご紹介した病気は、検査をしてみないと分からないので、鼻血が続く場合は、一度詳しい検査を受けてみることをお薦めします。

 

スポンサードリンク

 

鼻血の後に大きな塊がでるとき

OOK85_kahunkitu20150314132420-thumb-815xauto-18239

鼻血がしばらく続いた後、ドロッと大きな塊が出ることがあります。

見たことがある方は、あまりの大きさにびっくりしますよね。

 

でも、これは、血液の凝固作用によって鼻の奥の血液が固まっただけのもの。

血液は酸素に触れると、それ以上の出血を防ぐため、止血しようと固まる力があります。

 

そのため、塊があるからと言って、必ずしも、大きな病気があるというわけではありません。

ただ、鼻の奥から塊が見えていても、無理に取り出そうとすると、再び粘膜を傷つけてしまいます。

 

飲み込んだりせず、鼻から自然に出てくるのを待ちましょう。

塊が出た後は、鼻血が止まっていることが多いようです。

 

鼻血の正しい処置の方法

 SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089

ここでは、正しい鼻血の止め方をご紹介します。

まず、親指と人差し指で鼻を軽くつまみます。

 

よく、上を向いて、首の後ろをトントンとたたくとよいと言われますが、これは大きな間違い。

胃に血が流れてしまい、気分が悪くなったり、嘔吐をもよおしてしまいます。

 

うつむき加減で、しばらく安静にしておきましょう。

このとき、氷などで鼻の頭を冷やすとより効果的です。

血管をキュッと引き締めてくれます。

 

 

止血を試みてもなかなか止まらない、大量の血が出るなど、症状に不安がある場合は、まず、耳鼻科を受診してみましょう。

 

出血がひどい場合は、キーゼルバッハ部位の末梢血管を焼き切る治療が行われます。

また、出血の原因が鼻ではなく、他の病気が考えられる場合には、他の専門医を紹介していただけます。

 

これら、鼻血のメカニズムについて御理解いただけたでしょうか。

子どもによくみられる鼻血ですが、慌てず、正しい応急処置を知っておくことが大切なのですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top